機能水は、「人為的な処理によって再現性のある有用な機能を獲得した水溶液の中で、処理と機能に関して科学的根拠が明らかにされたもの、及び明かにされようとしているもの」と定義されています.(日本機能水学会)機能水の例としては、酸性電解水やオゾン水,アルカリイオン水,水素水などが知られていますがそれらのほとんどは人体をはじめとして生物に使われるため,公的な許認可を得ることが求められます.そのためには,「品質(生成原理,生成機器と生成水の規格)」,「有効性」および「安全性」に関して公に受け入れられる科学的根拠を示すことが必要です.「ピュアスター水(微酸性電解水)」はこれらの条件をクリアしている代表的な機能水であり,人にも環境にもやさしく有効であることが特徴となっています.

当院ではこれまで歯科で多用されてきた様々な薬剤に代えて機能水を積極的に導入することで,安心で安全な歯科医療を提供させていただきます.

ピュアスター水

森永乳業が開発した機能水生成装置「ピュアスターミュークリーンⅡ」から生成される微酸性電解水(ピュアスター水)は水道水を電気分解することによって作られる機能水です.このピュアスター水は大腸菌やノロウィルス,そして虫歯や歯周病の原因となる細菌など各種微生物を一瞬で死滅させる強力な殺菌作用を有しています.一方,生体に対しては極めて安全性が高く食品添加物として認可されています.現在,一流料亭食品工場・ディズニーランドなど多くの施設で導入されています.

ボトル給水システム

当院ではチェア内を流れる水の汚染による感染を予防するため,ボトル給水システムを採用しました.欧米ではチェア内の水を清潔に保つため広く普及しているシステムですが,日本で採用している歯科医院はほとんどありません.更に,当院では機能水のひとつである「ピュアスター水」を常時還流させることによりチェア内を完全にクリーンな状態に保っています.

治療への応用

強力な殺菌作用を有する「ピュアスター水」はうがい用のコップは勿論,お口の中を洗浄するシリンジや歯を削る時に使うタービン・エンジン,根の治療,そして歯石をとったり,クリーニングをする際にも利用されています.また,歯周病・口臭予防のうがい用水として家庭で使用するため,ボトルに入れてお渡ししています.